肺がんとたばこ|肺がんを抗がん剤で治療するときに知っておきたい副作用と軽減方法

肺がんとたばこの関係性

たばこに対する規制は年々進んできているものの、未だにたばこを吸う人はたくさんいます。リラックスできるなどのメリットを与えてくれるたばこですが、肺がんのリスクを高めるやっかいな存在でもあります。

肺がんとたばこ

ハートを持つ人

肺がんの原因

がんは細胞の遺伝子が傷つけられてしまうことで起こってしまう病気です。肺がんの場合、肺の中にある細胞が傷つくことで肺がん誘発してしまいます。有害物質と言われているアスベストやヒ素をう吸い込んでしまうことでリスクが高まると言われています。

たぼこも肺がんの原因に

遺伝によっても肺がんになってしまうと言われていますが、その他の原因としてたばこが上げられます。一説にはたばこを吸うことで肺がんのリスクが4倍以上も上がると言われています。

男性の肺がんの半分以上はたばこが原因

女性の肺がん患者の場合、たばこが原因と考えられる人は全体の2割ほどだと言われています。それでも充分多いのですが、これが男性になると約7割程度まで上がると言われています。それだけたばこは肺がんのリスクを高めてしまうということなのです。

発症のリスクは下げられる

たばこが肺がんのリスクをかなりあげる有害なものだということがわかったかと思いますが、たばこをやめることでこのリスクを下げることができます。禁煙した期間が長ければ長いほどリスクも下がると言われているので、なるべく早くやめた方がいいということになります。

肺がんとたばこに関する疑問

禁煙するとどれぐらいリスクが下がるの?

発症のリスクには個人差がありますが、喫煙している状態では喫煙していない人の4倍近くあった発症リスクは、10年禁煙すると約半分まで下がると言われています。また、20年禁煙すると喫煙していない人と同等レベルまで下がると言われているのです。

広告募集中