食事で症状を軽減する|肺がんを抗がん剤で治療するときに知っておきたい副作用と軽減方法

日々の生活から見直そう

がんの発症には日々の食事が大きく関係していると言われています。それは逆に食事に気をつけることで発症のリスクを減らすことができるということにもなります。がんの予防にいいと言われている食材を確認していきましょう。

がんの予防にいいものランキング

no.1

オリーブオイル

乳がんや大腸・直腸がんの発症を防ぐ効果が期待できると言われているオリーブオイルが1位にランクイン。中でもエクストラヴァージンオリーブオイルはオレオカンタールという有効成分を含んでおり、がん細胞を死亡させる働きを持っていると言われています。

no.2

にんにく

にんにくは一日に一片食べるだけでがんの発症を防ぐことができると言われている人気の高い食品です。にんにくの強烈な匂いの元となっているアリシンと呼ばれる成分ががん細胞の発症を防ぐと考えられています。

no.3

味噌

味噌の原料となっている大豆には元々がんの発症を防ぐ成分が入っていますが、その大豆を発酵させることでよりその効果を高めることができると言われています。そのため味噌はがんの予防に非常に有効だと言われています。

食事で症状を軽減する

看護師

吐き気などの副作用が出たとき

吐き気を感じたり、実際に嘔吐してしまうといった副作用は抗がん剤でのがん治療を進めていくうえで非常に起こりやすいものになります。その場合できるだけ匂いのきつくないものや刺激の強くないものを選ぶようにしましょう。あっさりして食べやすいものを選ぶといいでしょう。

下痢などの副作用が出たとき

下痢も抗がん剤の副作用として比較的多い症状です。下痢の症状が出てしまった場合、消化されやすいものを選び、消化器官への負担を減らすように心がけましょう。果物や果物ジュースが推奨されているようです。

味覚に異常を感じたとき

これも比較的よく見られる抗がん剤の副作用になります。この場合はにおいの強いものを避け、出来るだけ刺激を与えないようにする必要があります。また、冷たい食材はできるだけぬるくしてから食べるようにするといいと言われています。

貧血の症状が出たとき

比較的軽い抗がん剤の副作用と言われている貧血。軽いものではありますが、出来るだけ症状を軽減していくようにすることが大切です。貧血を防ぐには食事のバランスを整えることと、たんぱく質を積極的に摂取することが重要になってきます。

広告募集中