免疫細胞療法について|肺がんを抗がん剤で治療するときに知っておきたい副作用と軽減方法

がん治療は日々進んでいる

肺がんなどのがんの治療方法は日々進化しています。最近では免疫細胞療法なども開発され、より効果的にがんを治療することが可能になってきています。最先端のがん治療について学んでいきましょう。

最先端のがん治療ランキング

no.1

高活性化NK細胞療法

高活性化NK細胞療法はがん細胞を死滅させる働きを持つナチュラルキラー細胞を増やすがん治療方法です。その人が保有している細胞を採取して培養を行い、点滴などを利用して培養した細胞を体内に戻すことでナチュラルキラー細胞を増やしていきます。今最も人気のある最先端治療方法となっています。

no.2

ハイブリッドNK遺伝子療法

高活性化NK細胞療法に加え、TRAIL(トレイル)遺伝子も利用したがん治療方法です。2つの治療方法をかけ合わせて行われるためハイブリッド療法と言われています。高活性化NK細胞療法よりは高くなってしまいますが、高活性化NK細胞療法に続いて人気の高い治療方法になっています。

no.3

高活性化アルファ・ベータT細胞療法

次に人気なのが免疫力を高まる細胞であるアルファ・ベータT細胞を採取、培養し、再度体に戻す治療方法です。培養したアルファ・ベータT細胞を体内に戻すことで太寧のアルファ・ベータT細胞を大量に増やし、免疫力を上げていきます。

免疫細胞療法について

診察

全く新しいがん治療

今まではがんを治療するとなると、手術をして腫瘍を切除するか抗がん剤などを使用する化学療法しかありませんでした。しかし最近免疫細胞療法という全く新しい治療方法の開発が進み、注目を集めています。

免疫細胞療法ってどんな治療方法?

免疫細胞療法は元々人の体が持っている免疫力を利用して治療を行っていく方法です。ナチュラルキラー細胞やアルファ・ベータT細胞といった体の免疫力を高める細胞を培養し、再び体に戻してあげることで体の免疫力をあげていきます。

他の治療法と併用して行っていくもの

免疫細胞療法は単体で行なうのではなく、手術や化学療法といったこれまでのがん治療と併用して行なうことが基本となっています。併用して行なうことでより効果的な治療ができるわけです。

広告募集中