種類と特性|肺がんを抗がん剤で治療するときに知っておきたい副作用と軽減方法

種類と特性

診察

分子標的薬

分子標的薬は1990年の後半に入ってから利用されはじめた抗がん剤です。これまでの抗がん剤とは違い、ある特有の細胞だけに反応するといった特性を持っています。そのため、様々な種類があり目的別で使い分けられます。副作用としては肌があれたり、出血を伴うなどの症状が出ることがあります。

アルキル化剤

アルキル化剤は抗がん剤として最も古いものです。約40年以上も前に製造されたと言われています。がん細胞の分裂や結合を抑制する働きがあると言われています。アルキル化剤は他の抗がん剤と比べて副作用が強いといった特徴があり、倦怠感や脱毛が起こる場合があります。

代謝拮抗剤

代謝拮抗剤はがん細胞が分裂して増えようとする働きを阻害するものです。がん細胞にあえて取り込まれがん細胞の一部になることで分裂の邪魔をするといった特性があります。代謝拮抗剤の副作用は口内炎や下痢など、他の抗がん剤に比べると比較的軽いものが多くなっています。

植物アルカロイド

毒性ある植物を薬に応用した抗がん剤「植物アルカロイド」。がん細胞の増殖を防ぐ働きを持った植物を使用し、細胞分裂を阻害する抗がん剤です。がん細胞自体を殺してしまうものもあります。代謝拮抗剤は高い効果が期待できる抗がん剤ですが、末梢神経の障害など重い副作用が出る場合もあります。

ホルモン剤

ホルモン剤は、ホルモンの異常で発症する乳がんなどのがんに効くと言われている抗がん剤です。その他の抗がん剤のようにがんの増殖などを押さえるものではなくがんをコントロールするといった独特の働きをする抗がん剤です。更年期障害のような副作用が出る場合があります。

副作用に注意

抗がん剤はがんの治療に非常に有効な薬ですが、それぞれ異なる副作用を持ち合わせています。副作用の症状も強さの度合いも人によって大きく異るので、がんの種類や症状にあった抗がん剤を使用していくことが何より大切になってきます。また、実際に副作用が出た場合サプリなどを利用して軽減していきましょう。

広告募集中