肺がんと抗がん剤について

診察

免疫細胞療法について

手術や抗がん剤による治療、放射線線治療と併用していくことで、より効果的にがんの治療が行えるとして注目を集めている免疫細胞療法。近年取り組む人が増えてきている免疫細胞療法について詳しく紹介しています。

READ MORE
ハートを持つ人

肺がんとたばこ

肺がんを発症している人の半数以上が喫煙者だと言われています。肺がんを発症する原因の一つとして考えられているたばこと肺がんの関係性についてみていきましょう。

READ MORE
診察

種類と特性

がんの治療に使われる抗がん剤には、40年以上も前から使われているものから2000年代に入ってから登場したものまで、様々な種類があります。現代のがん治療に使用されている抗がん剤について把握しておきましょう。

READ MORE
看護師

食事で症状を軽減する

抗がん剤でがんの治療を行った場合にやっかいな存在になってくるのが「副作用」です。副作用の症状は軽いものから重いものまで様々です。それぞれの症状が出てしまった場合、症状を軽減できる食事の進め方について確認しておきましょう。

READ MORE

肺がんのステージ

ステージⅠA期

肺がんの一番初期のステージです。腫瘍部分の大きさがまだ比較的小さく、最大のものでも3センチ程度になります。この段階では他の部位への転移は見られません。

ステージⅠB期

A期よりも若干進行した状態をステージⅠのB期といいます。この段階ではA期と同じく他の部位への転移は見られません。ただ、該当する腫瘍の細部がA期とは異なり5センチまでとなっています。

ステージⅡ

ステージⅠのB期よりも症状が進むとステージⅡに入ってきます。この段階までは手術で治療を行なうことが多く、化学治療はほとんど行われません。この段階になると同じ肺のいずれかの部分への転移が見られはじめます。

ステージⅢ

ステージⅢに入ると手術では取り除けないことが増えてきて化学療法での治療が主になってきます。このステージでは肺以外の他の臓器やリンパへの転移が見られることがあります。

ステージⅣ

がんの最後のステージになります。この段階になると治療を行なうことが難しくなってくるため、治療というよりは緩和ケアが主な治療になってきます。ステージⅣでは肺から離れた臓器への転移も見られるようになってきて、全て取り除くのが不可能な状態になってきます。

肺がんの進み方

看護師

肺がんってどんな病気?

肺がんは肺に腫瘍ができる病気です。近年肺がんを患う人が増えてきていると言われていて、日本でも患者数の多い病気となっています。肺には肺胞や上葉・下葉といった様々な部位がありますが、肺がんはこれらの部分の細胞が変化することで発症してしまいます。

原因として考えられること

肺は空気を吸って吐く働きをする臓器です。普段空気に含まれている有害物質が肺がんの原因になると考えられています。主な有害物質としてはアルミニウムやたばこ煙などがあげられます。

非小細胞肺がん

非小細胞肺がんには「腺がん」「扁平上皮がん」「大細胞がん」という3つの種類のがんがあります。腺がんは肺野部と呼ばれる部分によく見られるがんで、たばこが主な原因だと考えられています。扁平上皮がんは腺がん同様肺野部や、肺門部によく見られるがんです。この場合も原因はたばこだと言われています。腺がんや扁平上皮がん以外は大細胞がんと呼ばれます。

小細胞がん

「腺がん」「扁平上皮がん」「大細胞がん」などの非小細胞肺がん以外の肺がんを小細胞がんと呼びます。小細胞がんの特徴としては小さな細胞が集まってできるということがあげられます。小細胞がんは肺野部ではなく肺門部によく見られるがんです。小細胞がんを発症する人の多くが、非小細胞がんのときと同じく喫煙者となっていることから、小細胞がんもたばこが主な原因だと考えられています。

[PR]

肺がんの症状を解消☆
効果の高い治療を提供してるクリニックをcheck!

広告募集中